FBI: ヒトラーは、1945年に、アルゼンチンへと逃れた

FBI Doc Confirms Hitler Fled to Argentina in 1945
FBI の書類は、ヒトラーが、1945年にアルゼンチンへと逃れた事を確認する

http://geopolitics.co/2015/04/05/fbi-doc-confirms-hitler-fled-to-argentina-in-1945/

1 hitler-2ydtl1dumnodvbxc3ftvka

FBI.gov (政府)において、目の前に隠され、ある書類が第二次世界大戦末期におけるヒトラーの行方を確認し、此処において、ダウンロードされる事が出来ます。

1 fbi-hitler-file.jpg

彼は、92歳の老年まで、米国全体を行き来していた様です・・・

上の書類より:

「1945年1月12日 - 私はよく知られたドイツの工作員 X からの訪問を受けました。彼はドイツの敗戦の可能性を匂わせ、一時的に、ヒトラーと、ドイツの科学者達と士官達が「世界の表舞台から身を隠す」ための、南米における避難地として、最も適切な場所を考えるために、二日の猶予を私に与えました。

1945年1月13日 - 私は最大の安全を供給するために、どの場所を決めようかと、私の頭脳を悩ませました。私は、私自身の故郷であるコロンビアを推進する事を決めました。」
- 上述の FBI 書類の149ページより

「その期間の間私が常にドイツと『ヒトラーのグループ』と連絡を取っていた、1か月半を超えた日数を必要とした、必要な準備の全てを行った後・・・1945年7月19日の早朝に、バヒアホンダ(コロンビア)において、上陸が成されました。」

「6日間の間、ヒトラーと彼に同行した部下達は、夜間の間だけに馬に乗り、バヒアホンダから「ラ・ロマ」の飛行場まで移動しました。密会の同意された時刻に、3人の仲介役の男達と私は、ランデヴーの地点で待っていました。其処からナリノまでの移動を始めるために、私達は3機の4人乗りのスティンソン小型飛行機を用意する事に成功しました。その後、私は突然、一人の高い階級のドイツ人士官によって、ヒトラーが、彼の考えを変え、私の私有地に身を隠す事を止めたと知らされました。」
- 上述の FBI 資料の150ページ

新たに公開された FBI の文書は、ヒトラーが第二次世界大戦のずっと後まで、アンデス山脈において元気に生きていた事を、(米国)政府が知っていた事を証明します・・・

2 nazisus

ヒトラー、ボーマン、2人のドイツ人の物理学者達、そして2人のパイロット達が、当時、私が無視した目的地へと、飛行機で移動しました。彼等は、彼等と共に、間惑星スカイ・ロケットである、V-3 スカイ・ロケット爆弾の秘密裡の設計図と、ドイツの原子力研究の完全な記録を運びました。私達と、そのグループの残りは、彼等がドイツからもたらした実験の道具とその他の荷物と共に、ジャグアまでトラックと自動車で運び、そして其処から別々の段階において、内地へと、歩いてその移動の残りを行いました。

1カ月後に、ボゴタのサヴァンナのプランテーションにおいて、私が再びヒトラーを見た時、私は彼等の飛行について知らされました。7月26日の早朝、彼等はボゴタの68番通りの下の見捨てられた場所のラ・フロリダの飛行場に着陸しました。その飛行は乱暴でした。彼等は夜間に、あまりパワーが無く、そして当然、ラジオのビームも無い飛行機で、(アンデス)山脈を超える事を余儀なくされました。それらの状況の下で、そのパイロット達の技術が披露されました。彼等が着陸すると、そのパイロット達は、その飛行機を焼き、そしてその残骸はサンタ・マリア近郊の湿地帯に沈められました。

ラ・フロリダにおいて、私に明かされた計画にそれまで参加していなかった3人の人達が、ヒトラーに会いました。彼等の内の一人は、ヒトラーが滞在するプランテーションを所有していました。その後者(ヒトラー)は、私だけを信頼する事を嫌っていて、最後の最後に彼の考えを変えましたが、しかしながら、私は、彼の親密な部下の一部に留まりました。

何カ月にも渡る、世界中の共産主義者達に対する戦いは、そのサヴァンナにおけるプランテーションから指導されました。1946年の初めにおいて、ボゴタにおけるロシアのリゲーション(調査)の数が増やされた時にだけ、総統の隠れ場所がソヴィエトに発見されたのではないかと、私達は恐れました。数週間後、彼等がその計画を呼んだ様に、彼等の「ニーベラ」計画を楽しそうに行っていた、ヒトラーと彼のグループを追う試みにおいて GPU (ロシアの秘密警察)の捜査官達が失敗し、残念そうにモスクワに戻った時に、私達の恐れは無く成りました(FBI の翻訳者のメモ:「ニーベラ」は、霧、かすみ、または物体を覆うフィルムを意味し、そしてそれは恐らくヒトラーと彼の部下達が、彼等の正体を隠す事に成功した事実を表現しているのでしょう)。私達は今、何故ボゴタにおけるロシアのリゲーションがその様な大きな規模の捜査官達を有していたのかを知っています。ヒトラーは、彼等の動きのを一つ残らず知っていました。その「グループ」は、ロシアのリゲーション自体の中に隠れたエージェント(二重スパイ)を持っていました。

ドイツのエージェント達と科学者達は、方や大西洋を渡った秘密裡の潜水艦のルートを通て、またはその他は、ユダヤ人の移民に化けて、コロンビアに到着し続けました。ある心地良い機会に、米国の共和党の指導者が、そのサヴァンナのプランテーションを訪れました。その他にも、共和党員や民主党員達が、その後に訪れました。その静かな豪邸において、全ての聖戦の最も崇高なものが行われていました:血生臭いモスクワの共産主義の赤い蛇に対する戦いでした。

そして此処で、この話の最も衝撃的な啓示が成されます: -
上述のFBI の書類、151-152ページ

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: